Homebrew Cask でアプリケーションをインストールする

macOS Sierra をクリーンインストール後、iMac のセットアップをする必要があったため、アプリケーションのインストール方法をまとめてみます。

いつの間にか Application ディレクトリへ直接インストールする仕様に変わっていたため、Homebrew Cask を利用することにしました。

はじめに

前提として Homebrew / Homebrew Cask が必要ですので、Terminal.app を起動してそれぞれインストールしておきます。

Homebrew のインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrew Cask のインストール

$ brew tap caskroom/cask

シェルスクリプトの準備

ここでは、下記のコードをファイル名 install-apps.sh とし、ホームディレクトリ直下に保存します。

#!/bin/bash

# Add repository
brew tap caskroom/versions

# apps
apps=(
  google-chrome-dev
  vagrant
  virtualbox
  virtualbox-extension-pack
)

# install apps
echo "installing apps..."
brew cask install ${apps[@]}

この例では、Google Chrome 開発版、Vagrant、VirtualBox + 拡張パックをインストールしようとしています。

インストールを実行

シェルスクリプトのあるディレクトリに移動して、実行します。
install-apps.sh をホームディレクトリへ保存したため、ここでは cd ~/ が移動先となります。

$ cd ~/
$ /bin/bash install-apps.sh

途中でパスワードの入力を求められたら、macOS ユーザーのパスワードを入力します。
インストールが無事終わったら、不要なファイルを削除しましょう。

$ brew cask cleanup

任意のアプリケーションがインストールできるか調べるには

アプリケーションの最新版だけであれば、公式サイトで検索できます。

Cask Search:
https://caskroom.github.io/search

サンプルのように Google Chrome 開発版など、バージョン違いのアプリケーションを探す場合は、リポジトリの追加が必要です。

$ brew tap caskroom/versions

その後、アプリケーション名の一部をキーワードに検索してみましょう。

$ brew search chrome

謝辞

作業にあたり、こちらを参考にさせていただきました。ありがとうございます!

HomeBrewでフォントも管理する - Qiita:
http://qiita.com/deeeet/items/0a88117cb73d64b5874e

また、2016年6月以前に Homebrew Cask をインストールしている場合は、Caskroom のパスなどの調整が必要かもしれませんので、ご参考までに下記を紹介しておきます。

Homebrew CaskのCaskroomの場所が変わったり色々変更があった:
http://rcmdnk.github.io/blog/2016/06/28/comptuer-mac-homebrew-brew-file/