Keyboard Maestro で表示中の Safari のページを Google 翻訳で開く

自分が普段メインで使っている Safari の場合、Google Chrome のように「目的のページにアクセスするだけで自動的に翻訳」という訳にはいきません。既存の機能拡張を選ぼうにも、決め手に欠けます。(※個人的な感想です。)

そこで、Keyboard Maestro のマクロで処理することにしました。

マクロの設定

実際のマクロの編集画面は、次のようになります。

マクロの編集画面

トリガー

対象ページを Safari で閲覧中に ,ogt と入力すれば実行できるのが手軽なため、This string is typed: をトリガーにしました。

アクション

ここで必要になるのは、次の2種類のアクションです。

  • Clipboard > Filter
  • Safari Control > New Safari Tab

Safari で開いている URL を Filter > Text で取得し、with > Percent Encode for URL で URL エンコード。それを to > Named Clipboard で任意のクリップボードにセットします。

今回の場合、Keyboard Maestro の環境設定で事前に temporary クリップボードを作成してあります。

あとは New Safari Tab に Google 翻訳の URL を記述し、末尾の u パラメータへクリップボードの値をセットするだけです。

なお、新規タブで開くようにしたのは「Craft CMS の公式ドキュメントだと翻訳時にナビゲーションが表示されない」という理由からなので、その辺りの調整はお好みで。。。

comments powered by Disqus